肩こりの原因と対策を知っておくと大変便利!

肩こりの原因とはどのようなものか

年齢と共に悩みの種となる肩こりですが、肩こりが発生するのは、それなりのしっかりとした理由があります。一つは、普段使わない肩の筋肉を使い過ぎた場合です。筋肉を使い過ぎると肩の血流が悪くなり肩こりが発生することがあるでしょう。特に、そこまで重たくはないけども少し負荷がかかる程度の荷物を長時間運んだりすると肩こりになりうる可能性が高いです。

もう一つは、デスクワークをしている場合です。最近は、会社などでパソコンを利用して一日中画面に向かっている人も増えました。この場合、首を少し前に突き出す姿勢になっていると肩こりに悩まされます。なぜなら、首が前に出ることにより肩の筋肉が張っているからです。これにより、血流が悪くなり違和感を覚えるようになります。

対策はとても簡単にできる

肩こりが発生してしまった場合の対策はいくつかありますが、そのうちの一つは定期的なマッサージをすることです。マッサージをする理由は、血流がよくなるからです。血流が良くなれば、自然と「こり」がとれていき違和感がなくなってくるでしょう。自分で行うよりも人にやってもらった方が効果的です。できれば、専門家に行ってもらえば確実に「こり」をほぐすことができます。

もう一つは、日々適度な運動することです。「こり」の原因は血流が悪くなっていることですが、普段から肩の筋肉を使っていないことも理由の一つになります。運動といってもウォーキングなどをするよりも、窓ふきをすることで肩甲骨あたりを動かすことができ結果的に筋肉が強化され肩こりを防ぐことができます。

肩こりを注射で緩和させる処置は効果がすぐに出るのが利点です。強い痛みを軽減させるのに向いていますが、一時的な対処療法なので肩こりの根本的な治療は別に行う必要があります。

You may also like...