自分で脱毛すると黒ずんだり、濃く見えてしまうのはなぜ?

処理の仕方で肌が黒ずむ

体毛としては髪の毛や眉毛のように濃い部分もあれば、手足の産毛など薄い部分もあります。薄いと言ってもそれなりに生えてくると濃く見えてくるときもあるので、自分で処理するなりサロンで施術を受けるなりをしないといけないでしょう。手軽にしようとすると自己処理になりますが、処理の仕方を間違えると逆に肌が汚く見えるときがあるので注意しないといけません。毛抜きやワックスなどでは毛を抜いて処理をしますが、その時にきれいに抜き切れないと取れない毛が残ります。ぽつぽつと残るときもありそれが黒ずみに見えるのでしょう。他の部分がきれいだと余計に目立つかもしれません。脱毛サロンだと毛根に一定の力を加える処理になるので、肌の下に毛が残りにくくきれいな脱毛ができます。

毛を剃ると濃く見えてしまう

脱毛の自己処理方法にカミソリやシェーバーを使う方法があり、肌の表面に出ている部分のみを剃る処理になります。毛抜きなどだと肌の下の毛もきれいになくなりますが、剃る処理だと表面だけなので処理後はきれいですがすぐに生えてきます。抜くのに比べると処理の頻度が多くなるかもしれません。さらに問題としてあるのが濃く見えてしまう点でしょう。毛は非常に細いですがそれでも一定の太さがあり、剃らない状態だと先端は細いですが剃ると先端が太くなるので濃く見えてしまうのでしょう。脱毛サロンの施術は毛を剃るのではなく毛が自然に抜けるような措置をしてくれます。生えてくる頻度が減るだけでなく、生えてきたとしても濃くなる心配はないでしょう。

広島の脱毛専門クリニックには経験豊富な医師や看護師が在籍しています。症例数も多く技術力も確かなので、安心してレーザー脱毛を行うことができます。

You may also like...